第8回バックギャモン検定 – ラウンド4 @ U25合宿

夏といえば、JBL の U25合宿ですよね。

ということで、8月15日から19日までの5日間、昨年に引き続き足利にて夏休み恒例のバックギャモン合宿(U25合宿)が行われ、合宿2日目の16日にスキル強化メニューの一環として「第8回バックギャモン検定」が希望者に課せられました。バックギャモン検定はU25合宿で毎年教材として活用されており、これで5年連続となります。
過去の記事はこちらです。

日本バックギャモン協会(JBL) では若手プレイヤー育成のために、U25合宿のほか、U25選手権や新鋭戦の開催、海外の大会への派遣支援、世界学生選手権の支援など幅広い活動をおこなっています。U25プログラムについては、以下のリンク先をご覧ください。

検定の実施後に、問題制作者でもある望月正行・景山充人両プロから直々にフィードバックがおこなわれるなど、濃密な学習プログラムが実施されました。

結果はなんと、若干15歳の名城さんが39点を獲得!
39点というスコアは、現時点で日本人トップ、そして全体でも Falafel や Matt Cohn-Geier、世界選手権3回優勝の Jorgen Granstedt などの超有名なトッププレイヤーが数多くいる中での堂々の5位タイ(全98人中)となっており、これはもう快挙です。名城さんは昨年も U25合宿で検定を受検し、33点とこちらも素晴らしいスコア(全体で151人中15位タイ)を修めていました。バックギャモン界の将来を担うニュースターの到来が予感されますね。

そしてこれは日本のバックギャモン界だけでなく、世界中のバックギャモンプレイヤーにも衝撃を与えるセンセーショナルなニュースになったのではないでしょうか。

なお、受検者5名の得点は以下の通りでした。
現時点の全98名分の成績は こちら から見ることができます。

Rank Total score Total errors Name
1 39 2269 Kentaro Meijo Japan
2 32 2526 Yuuki Inuduka Japan
3 25 2746 Yuri Nakamura Japan
4 20 4146 K. C. Japan
5 11 5895 Yui Oosaki Japan
Total 5 Ave. 25.4 Ave. 3516

8th Proficiency Test – Round 3 @ 43rd World Championship

Masayuki “Mochy” Mochizuki (Giants #1) and Michihito “Michy” Kageyama (Giants #2) presented our 8th “Backgammon Proficiency Test” on Thursday, August 2nd – the third day of the 43rd Backgammon World Championship, Monte Carlo, Monaco.

That was the fifth time our proficiency test was held there, and so it has become a popular event among regular players.

A total of 31 players, including Jorgen Granstedt (Sweden, the three-time World Champion), Marc Olsen (Denmark, #1 in the 7th test), Falafel (USA/Israel, #1 in the 6th test), Zdenek Zizka (Czech, #1 in the 5th test), Matt Cohn-Geier (USA, #1 in the 3rd test), were present at the test.

As a result, Matt Cohn-Geier got an extremely high score of 43/50, and the runners‐up are Jorgen Granstedt and an anonymous player with 40/50. Matt currently stands in first place in terms of both the number of right answers and the total error rate (equity loss) among all of the players.

You can see the overall results of the 8th test as of now here.
The results for 31 players are as below:

Rank Total score Total errors Name
1 43 585 Matt Cohn-Geier USA
2 40 1895 (Anonymous) Denmark
2 40 2357 Jorgen Granstedt Sweden
4 38 1350 Trencher Chris USA
4 38 1646 Marc Olsen Denmark
4 38 1841 S. W. UK
7 37 1128 Zdenek Zizka Czech
8 36 1632 Falafel USAIsrael
9 35 1617 Lamote Michel Belgium
10 34 1452 Georgios Kleitsas Greece
11 33 1646 (Anonymous) Italy
11 33 1651 Honza Cerny Czech
11 33 1674 Jon Barnes UK
14 30 1886 (Anonymous) UK
14 30 2013 Alexey Askurava Russia
16 29 2144 Cheneviere France
16 29 4450 (Anonymous) Italy
18 28 2098 Jacek Wojciechowski Poland
18 28 2521 Eva Zizkova Czech
18 28 2603 Mark Megalli USA
21 27 2625 D. P. Switzerland
21 27 2705 Hoyer Thorsten Germany
21 27 4194 Sergiu Malis
24 26 2782 Stephan Hartmann Germany
25 25 3046 Martin Barkwill UK
26 24 3785 Pavel Zaoral Czech
27 23 3425 (Anonymous) UK
28 19 3957 D. R. Germany
29 15 3947 Malfait Emmanuel Belgium
30 14 5132 Thesing Walter
30 14 7436 P. C.
Total 31 Ave. 29.7 Ave. 2620






Thank you very much for joining us!

8th Proficiency Test – Round 2 @ 38th Chicago Open

On Sunday, May 27th, the fourth day of the 38th Chicago Open Backgammon Tournament, Giants #1 Masayuki “Mochy” Mochizuki and Giants #2 Michihito “Michy” Kageyama presented the newest version of our “Backgammon Proficiency Test”. They also offered a comprehensive review to its participants on the following day.

Our proficiency test has attracted more and more attention from players all over the world since its establishment in May 2011. We are proud to announce that the total number of the participants has just reached 1000. Thank you everyone!

In Chicago, that was the fifth consecutive time this year. The previous articles are here:

The number of participants of this year was 40, the highest number ever, and the questionnaire said that there were 24 players with over 10 years’ experience. It has become a kind of popular event there.

As the result, an anonymous player is on top with 41 correct answers (out of 50), followed by Frank Talbot and Gerry Tansey. Provisionally, (Anonymous) is now ranked first overall. You can see the list of overall results as of now here.

All of their scores are as below:

Rank Total score Total errors Name
1 41 1193 (Anonymous) USA
2 39 809 Frank Talbot USA
3 38 1832 Gerry Tansey USA
4 37 1916 Steve Sax USA
5 33 1992 Ray Fogerlund USA
6 31 2298 Steve Brown USA
7 30 2250 Phil Simborg USA
7 30 2833 Steve Hairgrove USA
7 30 4468 Darren Moore
10 29 3383 Paul Mangone USA
11 28 2160 Allen Tish USA
12 26 2668 Ray Bills USA
12 26 3567 Larry Shiller USA
12 26 4485 Mike Clapsadle USA
15 25 2748 David Klausa USA
15 25 3281 Pehoushek Daniel USA
17 24 3132 D. K. USA
17 24 3802 (Anonymous) USA
17 24 4174 Aaron Foust USA
20 23 3716 John Craig Anderson South Africa
20 23 3783 Richard Griggs Jr USA
22 22 3299 Karen Davis USA
22 22 3633 Charles Haley USA
22 22 4229 Jeb Horton USA
25 21 3512 C. J. C.
26 20 3728 D. D.
26 20 4418 L. L. USA
28 19 3832 Jeff Willis
28 19 4247 Gaui Roberto Brazil
30 18 6299 Adrian Nedelcu Austria
31 17 3985 M. M. USA
31 17 4030 Lynda Clay USA
31 17 4724 Jeff Spencer USA
34 16 3750 A. K. USA
34 16 4378 B. F. Ireland
36 15 4086 (Anonymous) USA
36 15 6500 K. A. USA
38 14 5112 (Anonymous) USA
38 14 5166 D. L. USA
38 14 6670 Dave Meyer USA
Total 40 Ave. 23.8 Ave. 3652

Thank you for joining us! :)

第8回バックギャモン検定スタート – ラウンド1 @ バックギャモンフェスティバル2018

GW期間中(5月3日〜5日)に行われた「バックギャモンフェスティバル 2018」の初日に、「バックギャモン検定」の新シーズンが幕を下ろしました。

昨年の反省を生かし少し大きめの会場での開催となりましたが、開始時刻の 11:30 までに席が全て埋まり満員御礼でのスタートとなりました。

なお今回は、中上級者向けの「第8回 バックギャモン検定」のほかにも、初中級者向けの「第6回 バックギャモン初中級検定」も同時開催しました。
中上級検定の受検者は22名、初中級検定の受検者は4名でした。

「バックギャモン検定」のファーストラウンドの結果は、以下の通りとなっています。

Rank Total score Total errors Name
1 37 1373 Yuuki Takada Japan
1 37 1634 Hideaki Ueda Japan
3 33 1614 T. U. Japan
4 32 2423 Hiromichi Sugimoto Japan
5 30 1935 Daisuke Katagami Japan
6 29 1775 Masaaki Isobe Japan
6 29 2441 K. O. Japan
6 29 2978 Yuusuke Kanno Japan
9 28 2140 Keita Morina Japan
9 28 2228 Hiroyuki Kawakami Japan
11 27 2639 Akimasa Kaneyori Japan
12 26 3449 Hideki Tosaka Japan
13 25 3070 Masahiro Kisono Japan
14 24 5116 Naoki Chiba Japan
15 23 3118 Kazuhiro Saito Japan
15 23 4768 T. S. Japan
17 22 3474 Shinichi Onozaki Japan
18 21 3341 Natsuhiko Nagumo Japan
18 21 4457 Y. O. Japan
18 21 4822 Takumi Hatakeyama Japan
21 19 6098 H. T. Japan
22 12 5356 B. T. Japan
Total 22 Ave. 26.2 Ave. 3193

全体的にハイスコアな結果となり、前回の平均を2点以上上回っていますが、今年の問題が昨年度より易化したかどうかは参加者のレベルにも依存するため判断することができません。

そんな中、現時点の暫定トップは高田さん、上田さんの二名で37点(50点満点中)となっています。お二方とも PR5 を切るほどの実力者とのことで期待通りといったところかもしれませんが、特に高田さんは 前回の検定 では日本人トップとなる全体8位の成績を修めているため、このスコアは全体でもかなりハイレベルなものになると推測されます。

今年も常連の方(8回の検定すべてで1回目に参加しているという方も!)はもちろん、初参加の方も何人もいらっしゃいました。「今年もいい問題だった」と声を掛けられると、(実際に問題制作を担当しているのは望月プロ・景山プロ・横田さんですが)制作に携わった私としても嬉しくなってしまいます。
一方で、事前の会場への誘導やアナウンス、事後の成績証の配布時間や公表方法についてのアナウンスが不足しているとのご指摘も受けました。こちらは今後の運営に必ず活かしていきたいと思います。

そして例年同じことを言いますが、バックギャモン検定はスコアの良し悪しだけがキモなのではありません。問題集として世界最高のクオリティであることのほか、「出題の妙」と「世界トッププロの解説」がバックギャモン検定の「売り」と言っても過言ではありません。今回参加されなかった方も、チャンスがあれば是非受検してみてください。

バックギャモン検定は今年で8年目のシーズンを迎えました。第7回までの累計受検者数は 952名となっているため、今シーズンで参加者一千人の大台を突破することはほぼ確実です。これもひとえにバックギャモン検定を支持してくださる皆さまのお陰です。皆さまのニーズがなければ、毎年5月の開催が実現しませんので。

また今回受検していただいた皆さまには、この場を借りて御礼申し上げます。
お陰さまで今年も最高のスタートを切ることができました。ありがとうございました。

BGTV Proficiency Contest in Istanbul Open 2018

The 7th round of our 7th “Backgammon Proficiency Test” was held as “BGTV Proficiency Contest” on Saturday, January 13th, the middle day of the Istanbul Open 2018.

Unfortunately, I couldn’t join it, but the test was supervised by our Turkish friends, Arda Fındıkoğlu (the host of the Istanbul Open and the president of WBF Turkey) and Cüneyt Argun Genç. They carried that out smoothly and all went well. They always cooperate with us, so we are really grateful to them.

Well, that was the sixth consecutive time our test was carried out there.
This year, 19 participants with various levels from various countries challenged it.

The result says that Jalil Khalili (Iran) answered 30 problems correctly (out of 50) and was ranked first among them, although he was ranked second last year. Claus Elken (Denmark) got second place at the contest, and then he got second place at the main championship. Martin Barkwill (UK) was ranked third, although he got the highest last year. Onur Vurur got the top score among the Turks this year.

Here are the details of this round.

Rank Total score Total errors Name
1 30 2300 Jalil Khalili Iran
2 28 2245 Claus Elken Denmark
3 27 2520 Martin Barkwill UK
3 27 3252 Onur Vurur Turkey
5 24 3662 Abdullah Sorgüven Turkey
6 22 4010 Burhan Cumhur Bektüre Turkey
7 20 3432 Tuğrul Sezgin Turkey
7 20 3510 O. P. Germany
9 19 4479 Fady Asmar Lebanon
9 19 4521 Fuat Hakan Uncuoğlu Turkey
11 17 4336 Hakan Aksu Turkey
11 17 4530 Cynthia Roberts UK
11 17 4609 Mustafa Dikgöz Turkey
11 17 5269 Alparslan Göktay Turkey
15 16 5459 Göksel Kılınç Turkey
16 15 4254 Refik Vural Turkey
17 14 4196 Ender Can Avcioğlu Turkey
18 13 4713 T. B. Turkey
19 12 4715 Kemal Aksu Turkey
Total 19 Ave. 19.7 Ave. 4001

It was unfortunate that I couldn’t go there this year, but I am happy that many people joined it.

Akihito

(Updated Saturday, January 27th)
Arda Fındıkoğlu, Cüneyt Argun Genç and Gökhan Güneş have challenged the same test after the Istanbul Open 2018. They said that they strictly monitored each other to play fair, so we decided to list up their scores on our official results just as before.

Arda’s score was so good as in the past, while Cüneyt and Gökhan didn’t do better than last year.

We really appreciate their cooperation during “BGTV Proficiency Contest”.
Thank you again! ;)

7th Proficiency Test – Round 6 @ 2017 California State Championship

Gammon Associates held the 2017 California State Championship at the Hilton hotel during December 1-3, 2017. On the second day of the event, Masayuki “Mochy” Mochizuki (Giants #1 2015-2016) presented our 7th “Backgammon Proficiency Test”.

Saturday (Dec. 2nd)
8:30 am Mochy’s PROFICIENCY EXAM (allow 60 minutes)
(Answers Seminar on Sunday morning)

Sunday (Dec. 3rd)
8:30 am Mochy + Phil lecture “Answers to the EXAM”
(See the official brochure)

This was the first time our test was held in California, and we are grateful to have been given this opportunity.

There were 23 entries for the test. While it might be the first time for many of the participants to take it, Bob Wachtel, who is also Giants #12, got the top score with 39 points (out of 50). Based on the number of correct answers, he currently ranks third among them all. You can see the overall results of the 7th test as of now here.

Their scores are as below:

Rank Total score Total errors Name
1 39 1078 Bob Wachtel USA
2 31 2050 (Anonymous) USA
3 30 2202 Art Benjamin USA
4 29 2202 Tom Tseng USA
4 29 2718 (Anonymous)
6 25 2694 N. M. USA
6 25 3639 Ray Spehar USA
8 23 3663 (Anonymous) USA
9 21 3883 Richard Siebold USA
9 21 4189 Z. F. USA
11 20 3549 M. H. USA
11 20 3744 Brad Vogt USA
11 20 3932 F. B. USA
14 18 3776 Paul Mangone USA
15 17 3975 L. P. USA
15 17 5018 C. B. USA
15 17 5179 Mark Astemborski USA
15 17 5429 D. H. USA
19 14 5366 Bob Covrtney USA
20 13 4523 D. G. USA
21 11 5452 Mike Graham USA
22 10 5088 S. S.
23 9 5856 Cecilia Pedroza USA
Total 23 Ave. 20.7 Ave. 3878

Thank you very much for joining us! ;)

第7回バックギャモン検定 – ラウンド5 @ 王位戦2017

10月7〜9日の三連休に開催された JBL バックギャモン王位戦 の最終日に、第7回バックギャモン検定を実施しました。今年5月の バックギャモンフェスティバル で問題をリニューアルした第7回バックギャモン検定ですが、その後は、シカゴオープン(5月)、世界選手権(8月)、U25合宿(8月)と開催を重ね、これが5回目(第5ラウンド)の実施となります。

今回の会場は、文京シビックセンター3階の和室でした。いつもと違った新鮮な雰囲気で受検することができたのではないでしょうか。

今年の王位戦は海外から参加しているプレイヤーが比較的多かったので英語版の冊子を多めに用意していたのですが、結局外国人の参加者はシカゴオープンのディレクターの Rory Pascar 一人だけでした。英語での告知が足りなかったかもしれません。
なお、第3回検定 で全体トップのスコアを獲得した Matt Cohn-Geier も受検してくれる予定だったのですが、三日目はチャンピオンシップの準決勝に残っていたため不参加となってしまいました。次のチャンスに期待したいです。

参加者10名の結果は、以下の通りとなりました。

順位 正答数 エラー合計 氏名
1 34 1913 Junichi Tanaka Japan
2 31 2125 Shigeru Fukazawa Japan
3 28 2144 Rory Pascar USA
4 27 2352 Hideki Tosaka Japan
4 27 2398 Masahiro Kisono Japan
4 27 3618 Y. O. Japan
7 24 3053 Akimasa Kaneyori Japan
8 22 3390 Megumi Ishii Japan
8 22 4047 R. K. Japan
10 18 3921 Tetsuya Shirogane Japan
合計 10人 平均 26.0 平均 2896

10名中成績トップとなった田中準一さんは、つい先日の9月24日に行われた バックギャモン名人戦 の決勝で横田一稀さんに勝ち、第23期名人位を獲得した日本トッププレイヤーの一人です。なお、34点という好スコアは現在暫定8位(105名中)となっています。

また二位の深澤さんは、前々回 は10位、前回 は13位にランクインした常連のプレイヤーで、毎回30点オーバーの成績をコンスタントに残しています。

この王位戦が、日本で第7回検定を受けられるラストチャンスとなりました。
皆さま、ご参加ありがとうございました。

第7回バックギャモン検定 – ラウンド4 @ U25合宿

去る8月に足利研修センターにて夏休み恒例の若手プレイヤー向けのバックギャモン合宿(U25合宿)が行われ、合宿3日目の8月29日にスキル強化メニューの一環として「第7回バックギャモン検定」が参加者に課せられました。バックギャモン検定はU25合宿で毎年教材として活用されており、これで四年連続となります。

U25プログラムについては、以下のリンク先をご覧ください。
バックギャモン U25 Wiki

検定は望月正行プロおよび景山充人プロ監督の下で行われ、終了後すぐに問題制作者でもある両プロから直々に即時フィードバックが行われるなど、濃密な学習プログラムが実施されました。

合宿ではバックギャモン検定のほか、三人一組での対局・棋譜取りのローテーションおよびポジション検討会、ドリル、山登りや参拝など内容盛り沢山なメニューを連日こなしたとのこと。バックギャモン検定が参加者の皆さんのスキルアップの一助となれば幸いです。

受検者7名のスコアは以下の通りとなりました。

Rank Total score Total errors Name
1 36 1444 Yuuki Takada Japan
2 33 2155 Kentaro Meijo Japan
3 26 2815 K. K. Japan
4 23 2765 Ryutaro Ozawa Japan
5 18 3525 Yui Oosaki Japan
6 17 3827 K. C. Japan
7 16 4795 Y. T. Japan
Total 7 Ave. 24.1 Ave. 3047

バックギャモン歴2〜3年という高田さんが36点(!)、また同じく経験2〜3年の名城さんが33点という高得点を叩き出しました。将来が楽しみですね!!

皆さん、合宿お疲れ様でした!