第8回バックギャモン検定スタート – ラウンド1 @ バックギャモンフェスティバル2018

GW期間中(5月3日〜5日)に行われた「バックギャモンフェスティバル 2018」の初日に、「バックギャモン検定」の新シーズンが幕を下ろしました。

昨年の反省を生かし少し大きめの会場での開催となりましたが、開始時刻の 11:30 までに席が全て埋まり満員御礼でのスタートとなりました。

なお今回は、中上級者向けの「第8回 バックギャモン検定」のほかにも、初中級者向けの「第6回 バックギャモン初中級検定」も同時開催しました。
中上級検定の受検者は22名、初中級検定の受検者は4名でした。

「バックギャモン検定」のファーストラウンドの結果は、以下の通りとなっています。

Rank Total score Total errors Name
1 37 1373 Yuuki Takada Japan
1 37 1634 Hideaki Ueda Japan
3 33 1614 T. U. Japan
4 32 2423 Hiromichi Sugimoto Japan
5 30 1935 Daisuke Katagami Japan
6 29 1775 Masaaki Isobe Japan
6 29 2441 K. O. Japan
6 29 2978 Yuusuke Kanno Japan
9 28 2140 Keita Morina Japan
9 28 2228 Hiroyuki Kawakami Japan
11 27 2639 Akimasa Kaneyori Japan
12 26 3449 Hideki Tosaka Japan
13 25 3070 Masahiro Kisono Japan
14 24 5116 Naoki Chiba Japan
15 23 3118 Kazuhiro Saito Japan
15 23 4768 T. S. Japan
17 22 3474 Shinichi Onozaki Japan
18 21 3341 Natsuhiko Nagumo Japan
18 21 4457 Y. O. Japan
18 21 4822 Takumi Hatakeyama Japan
21 19 6098 H. T. Japan
22 12 5356 B. T. Japan
Total 22 Ave. 26.2 Ave. 3193

全体的にハイスコアな結果となり、前回の平均を2点以上上回っていますが、今年の問題が昨年度より易化したかどうかは参加者のレベルにも依存するため判断することができません。

そんな中、現時点の暫定トップは高田さん、上田さんの二名で37点(50点満点中)となっています。お二方とも PR5 を切るほどの実力者とのことで期待通りといったところかもしれませんが、特に高田さんは 前回の検定 では日本人トップとなる全体8位の成績を修めているため、このスコアは全体でもかなりハイレベルなものになると推測されます。

今年も常連の方(8回の検定すべてで1回目に参加しているという方も!)はもちろん、初参加の方も何人もいらっしゃいました。「今年もいい問題だった」と声を掛けられると、(実際に問題制作を担当しているのは望月プロ・景山プロ・横田さんですが)制作に携わった私としても嬉しくなってしまいます。
一方で、事前の会場への誘導やアナウンス、事後の成績証の配布時間や公表方法についてのアナウンスが不足しているとのご指摘も受けました。こちらは今後の運営に必ず活かしていきたいと思います。

そして例年同じことを言いますが、バックギャモン検定はスコアの良し悪しだけがキモなのではありません。問題集として世界最高のクオリティであることのほか、「出題の妙」と「世界トッププロの解説」がバックギャモン検定の「売り」と言っても過言ではありません。今回参加されなかった方も、チャンスがあれば是非受検してみてください。

バックギャモン検定は今年で8年目のシーズンを迎えました。第7回までの累計受検者数は 952名となっているため、今シーズンで参加者一千人の大台を突破することはほぼ確実です。これもひとえにバックギャモン検定を支持してくださる皆さまのお陰です。皆さまのニーズがなければ、毎年5月の開催が実現しませんので。

また今回受検していただいた皆さまには、この場を借りて御礼申し上げます。
お陰さまで今年も最高のスタートを切ることができました。ありがとうございました。

【告知】バックギャモンフェスティバル 2018 で「第8回バックギャモン検定」がスタートします

日本最大のバックギャモンの祭典「バックギャモンフェスティバル」がいよいよ 5月3日(木・祝)から5日(土・祝)に開催されます。そしてその初日、5/3(水・祝) 11:30 より「第8回 バックギャモン検定」を開催致します。

「バックギャモン検定」は2011年5月に産声を上げ、その後毎年5月の 日本バックギャモン協会 主催の大会で問題をリニューアルしており、今年で8年目(8回目)を迎えます。今年もこの5月のバックギャモンフェスティバルで「第8回バックギャモン検定」をスタートさせ、一年間を掛けて世界中の大会でサーキットを実施していきます。

【第8回 バックギャモン検定】

対象: 中~上級者向け
日時: 2018/5/3(木・祝) 11:30~12:30(60分)
会場: 大崎ブライトコアホール(会場奥の特別室 で実施予定)
    東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F
形式: 60分 選択式50問
受検料: 3,000円 (※問題・解説冊子、成績証が含まれます)

備考:

  • 成績が試験終了後に 公表 され(匿名も可能)、世界中のプレイヤーと競い合うことができます。
  • 合否はありません。
  • 招待選手として、ギャモンジャイアント2016-2017 の #32以内に選ばれたプレイヤーは無料で受検することができます。

スコアの目安:

    ちなみにスコアの目安として、獲得スコアに対応するおおよそのバックギャモンの実力レベルは以下のように設定されています。もちろん多少のぶれはありますので、あくまで参考としてご活用ください。

  • 45問以上正解 ・・・ 世界チャンピオンクラス
  • 40問以上正解 ・・・ 日本チャンピオンクラス
  • 35問以上正解 ・・・ 地方代表クラス
  • 30問以上正解 ・・・ 上級クラス
  • 20問以上正解 ・・・ 中級クラス

「バックギャモン検定」とは

「バックギャモン検定」は、運や勝負勘に左右されない実力を客観的に評価するための日本バックギャモン協会公認の実力診断テストです。


(昨年の王位戦でのバックギャモン検定の様子)

2011年からスタートした本検定は「世界標準」の検定試験となることを目指して世界展開をしており、国内大会のみならず、世界選手権 (モンテカルロ)、Chicago Open (アメリカ)、UK Open (イギリス)、Istanbul Open (トルコ)、Nordic Open (デンマーク)などの世界有数の大会でも実績を重ねており、現在では世界トップレベルの著名なプレイヤーも多数参加する一大イベントになっています。

問題の選考や解説は世界ランク一位・二位の望月正行・景山充人両プロが担当しており、世界最高峰の問題を用意いたしました。いわゆる奇問や難問を集めたクイズ集ではなく、バックギャモンに勝つための知識を問う問題が序盤・中盤・終盤からバランスよく出題されるので、総合的な能力を診断することができます。さらに、バックギャモンの教育研究をしている団体(バックギャモン教育協会)が全面監修をしていますので、そのクオリティは折り紙付きです。

興味を持たれた方は、バックギャモンフェスティバルの会場に是非足をお運びください。現在のところ、バックギャモン検定は、会場以外では原則受検することができません。

「バックギャモン初中級検定」とは

また、初級者および中級者向けに、「バックギャモン初中級検定」も合わせて実施します。

第5回目となる「バックギャモン初級検定」は、「初級者と中級者」を対象とした『バックギャモン初中級検定』として生まれ変わりました。バックギャモン初中級検定は「中上級者向けの『バックギャモン検定』は難しすぎる」という声を受けて設立された検定試験で、初級者と中級者を対象とし、初級者にはさらなるステップアップの教材として、中級者にはバックギャモンの基礎が抑えられているかどうかをチェックするための復習教材として活用できるものになっております。基本用語や確率計算、「当てる」「作る」「逃げる」といった基本テクニックに関する問題など、幅広い知識が問われます。ただし、キューブの問題は出題されません。

マーク選択式全25問・制限時間30分という試験方式はそのままに、初級者にも中級者にもしっかり楽しんでいただけるような内容にリニューアルしました。問題は、専門用語や確率をはじめ、チェッカープレイの基本となる問題を中心に多彩に取り揃えています。キューブアクションの問題はありませんので、初級プレイヤーの方でも安心です!

バックギャモンの基礎がしっかり抑えられているかチェックできる、数少ないチャンスです。問題・解説の監修は「バックギャモン入門」の執筆でおなじみの中村慶行プロ。間違えた問題の解説を読んで、さらなるステップアップをして試合に臨みましょう!!

【第6回 バックギャモン初中級検定】

対象: 初級者・中級者向け
日時: 2018/5/3(木・祝) 11:30~12:00(30分)
会場: 大崎ブライトコアホール(会場奥の特別室 で実施予定)
    東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F
形式: 30分 選択式25問
受検料: 1,500円 (※問題・解説冊子、成績証が含まれます)

備考:

  • 同じ検定を二度受検することはできません。

スコアの目安:
成績証には(これまでの初級検定のような合否判定はおこなわず)、

  • 25点満点・・・「S(上級レベル)」
  • 20点以上・・・「A(中級レベル)」
  • 10点以上・・・「B(初級レベル)」
  • 9点以下・・・「C(初心者レベル)」

のスキルランク(あくまで目安です)を認定させていただきます。