【告知:10/10】第5回バックギャモン検定、第4回バックギャモン初級検定を開催します

毎年恒例、日本最大のバックギャモンの祭典「バックギャモンフェスティバル」が 10月10日~12日の三連休に開催されます。その初日に、

  • 第5回 バックギャモン検定(中上級者向け)
  • 第4回 バックギャモン初級検定(初級者向け)

を開催致します。

初級者向けの「バックギャモン初級検定」はこのたび問題が全てリニューアルされております。中上級者向けの「バックギャモン検定」は 5月の王位戦と同じ問題となりますので、重複して受検しないようご注意ください。

「バックギャモン検定」とは

「バックギャモン検定」とは、運に左右されない「バックギャモンの知識や理解度」を測るための中・上級者向けのテストで、日本国内のみならず、世界選手権 (モンテカルロ)、Nordic Open (デンマーク)、Chicago Open (アメリカ)、UKOPEN (イギリス)、Istanbul Open (トルコ)などの世界有数の大会でも開催を重ね、著名なプレイヤーも多数参加する一大イベントになっています。

世界ランキング 1位・2位の望月正行プロ・景山充人プロ、そしてクイズコンテストでも有名な永井一矢氏が問題作成を担当し、文字通り世界最高峰の問題が取り揃えられています。決して、奇問・難問を集めたわけではありません。バックギャモンに勝つための知識が問われる問題をできるだけ多く提供できるよう心掛けております。


(昨年のバックギャモン検定の様子)

「バックギャモン初級検定」とは

「中上級者向けの『バックギャモン検定』は難しすぎる」という初級者の声を受けて設立された検定試験で、初級者を対象として、初級を卒業できるレベルに達しているかどうかを合否判定するためのテストです。「バックギャモン入門」 の内容がしっかりと理解できている人であれば合格できるようなレベルを想定しています。基本用語や簡単な確率計算、「当てる」「作る」「逃げる」といった基本テクニックに関する問題など、幅広い知識が問われます。ただし、キューブの問題は出題されません。

初級検定には合否があり、25問中18点以上で「合格認定」の成績証が発行されます(合格に満たなくても点数を記載した成績証が発行されます)。

興味を持たれた方は、バックギャモンフェスティバルの会場に是非足をお運びください。現在のところ、バックギャモン検定、およびバックギャモン初級検定は、会場以外では原則受検することができません。

【第5回 バックギャモン検定】

対象: 中~上級者向け
日時: 2015/10/10(土) 11:30~12:30(60分)
場所: 渋谷シダックスホール
   東京都渋谷区神南1-12-13 渋谷シダックスビレッジ 2F
形式: 60分 選択式50問
受検料: 3,000円 (※問題・解説冊子、成績証が含まれます)

備考:

  • 成績が試験終了後に公表され(匿名も可能)、世界中のプレイヤーと競い合うことができます。
  • 合否はありません。
  • 招待選手として、ギャモンジャイアント2013-2014 の #64以内に選ばれたプレイヤーは無料で受検することができます。
  • 5月の王位戦で実施された「第5回 バックギャモン検定」と同じ問題となります。
  • 同じ検定を二度受検することはできません。

スコアの目安:

    ちなみにスコアの目安として、獲得スコアに対応するおおよそのバックギャモンの実力レベルは以下のように設定されています。もちろん多少のぶれはありますので、あくまで参考としてご活用ください。

  • 45問以上正解 ・・・ 世界チャンピオンクラス
  • 40問以上正解 ・・・ 日本チャンピオンクラス
  • 35問以上正解 ・・・ 地方代表クラス
  • 30問以上正解 ・・・ 上級クラス
  • 20問以上正解 ・・・ 中級クラス

【第4回 バックギャモン初級検定】

対象: 初級者向け
日時: 2015/10/10(土) 11:30~12:00(30分)
場所: 渋谷シダックスホール
   東京都渋谷区神南1-12-13 渋谷シダックスビレッジ 2F
形式: 30分 選択式25問
受検料: 1,500円 (※問題・解説冊子、成績証が含まれます)

備考:

  • 25問中18問以上正解で合格認定となります。
  • スペシャルチャレンジ企画として、23問以上正解した方全員に初級戦2日目を無料で参加いただける権利をプレゼントいたします!
  • 試験終了後、問題作成者の中村慶行氏による解説会(20分程度)が行われる予定です。
  • 「バックギャモン入門」 の内容がしっかりと理解できている人であれば合格できるようなレベルを想定しています。
  • 同じ検定を二度受検することはできません。

Comments are closed.